宇都宮畳工業株式会社

Tポイント

置き畳(薄畳)

JIS(日本工業規格)が作れる適合宣言店

リフォームのことなら増改築相談員のいるお店へ

5日で5000枚の約束

聴導犬育成の会

宇都宮畳工業株式会社

   HOME > 畳について

 

畳と一口に言っても現在では様々な種類があります。昔ながらの「いぐさ」や和紙を加工したもの、化学表など、材料によってメンテナンスが変わってきます。下記は一般的なお手入れ方法です。またダイケン(和紙)畳、セキスイ美草(化学表)については下記リンクボタンよりご参照下さい。


[い草表]
・掃除機のかけ方は、畳の目に沿ってゆっくりと。1畳40〜60秒かければアレルゲンの減少、増殖防止になります。
・天気の良い日には、窓を開けて風を通しましょう。
・畳の上にはジュータンや上敷などを敷くことは好ましくない。畳の呼吸をさまたげ、カビ、ダニなどが発生する原因となります。
・出来れば年1〜2回日干しをする。
・ピアノや机のような足のある重い物は直に置かないで下さい。
・ぬれ雑巾で拭くと畳の光沢がなくなります。掃除機をかけ、固く絞った雑巾か、乾いた雑巾でカラ拭きをして下さい。
・梅雨の季節、湿度の高い時は窓を開けず、エアコンで室内の除湿をして下さい。
・直射日光は畳表の変色をまねき、傷みを早めます。出来るだけ避けて下さい。


詳しくは下記へ↓

DAIKEN 畳のお手入れ方法 SEKISUI 美草 メンテナンス

下記でチェックしてみましょう!
・畳表が衣服に付きませんか?
・畳にくぼみがありませんか?
・畳表に破れや、焦げ等はありませんか?
・畳と畳とのすき間はどうですか?
・畳表の色が濃い茶色になっていませんか?
・畳表にシミなどはありませんか?
・畳が湿っぽく、カビ臭くないですか?

ページトップへ